AWS IoTボタンを使ってSESAME(セサミ)を解錠する【ラズパイ不要】

AWS IoTボタンを使った設定方法

 

AWS IoTボタンを使ってセサミを解錠する設定ができます。Amazonのクラウドサービスを使うのでラズベリーパイやプログラミングをする必要がありません!
プログラミング未経験な方でも挑戦できます。
(※AWSにアカウント登録する必要があります。)
 

必要なもの

1.ご自身がオーナーであるセサミスマートロック本体

2.1のセサミにペアリングされているWiFiアクセスポイント

3.インターネット環境

4AWS IoTボタン

 

 

手順

1. AWSのアカウント登録

2. AWS IoTボタンを設定
3.  Lambda関数を設定
4. AWSでプロジェクトを作成する
5. AWS IoT ボタンをリンクさせる

 

 

 1. AWSのアカウントを登録する 

    登録はこちら


※ベーシックプランで大丈夫です↓


 
※1年間は無料(規定容量内) *2018.11.6時点
【Amazon ページより】詳細
接続料金.....デバイスが AWS IoT Core に接続されていた時間の合計に基づいて 1 分単位で計算されます。

セサミがAWS IoTボタンに接続する時間は1クリック数秒間なので無料期間を過ぎても実際にかかるコストはほんのわずかです。

【例】100万回 クリック= $1 (リージョン:バージニア)

1日に10回クリックすると10回×360日で1年で3600回クリック。
3600回÷1,000,000 (100万回) = $0.0036 (約 0.4円) *2018.11.6時点
 
 
 

2. AWS lot 1 clickのアプリを設定する

 

①アプリをダウンロードする↓

  

で登録したAWSのアカウントを使ってログインする

 

③デバイスID 登録 → スキャン → AWS IoTボタンをスキャン → 登録

(※AWSリージョンはどの地域でも大丈夫ですが、後で設定するAWSと同じ地域を選択してください。)
 

AWS IoTボタン6秒押す→自宅のWiFiを選択→パスワード入力→「確認」→ 「次へ」→完了

 

 
 
3. Lambda関数を設定する
セサミを解錠・施錠する(またはセサミが解錠していたら施錠、施錠していたら解錠する)をLambda関数から設定していきます。

セサミアプリからクラウドの連携をオン→APIキーを取得し、セサミIDを確認したらメモなどにコピーしておく。(詳細はこちら

② 下記のファイルをダウンロードする(※クリックすると自動的にダウンロードに保存されます)
https://s3-us-west-1.amazonaws.com/static.candyhouse.co/awsiot-tutorial/AwsIotSesame.zip


③ 左上のAWSをクリック → Lambdaを検索,クリック → 関数の作成をクリック


一から作成をクリック→ 好きな名前をつける(例:SesameLambda) → Python3.6を選択 → 1つ以上のテンプレートから新しいロールを作成します。を選択 → ロール名をつける (例:SesameLambda)
⑤ SesameLambda (上記でつけた名前) の編集ページ → 関数コード →②でダウンロードしたzipファイルをアップロード → 保存をクリック


⑥コードがアップロード終了後 → 下にスクロール → 環境変数の枠内に下記の3つを記入していく (コピペしておいたAPIキーやセサミID、etc)

COMMAND ------- unlock か lock か toggle のどれかを記入 (※1)
DEVICE_ID ------- セサミのIDを記入 (※2)
APIKEY ------- セサミのAPIを記入 (※2)

(※) unlock (解錠)、lock (施錠)、toggle (解錠だったら施錠、施錠だったら解錠)するコマンド
(※2) ①で取得したAPIキーとセサミIDを入力 


⑦全て記入したら保存をクリック


〜テストする〜
テストして正しく設定できているか確認してみましょう。

Lambda関数のページに戻る→ テストイベントの設定をクリック → 名前をつける(例 : Test) → 作成 → テストをクリック


成功すれば緑の背景!!

エラーがある場合は赤の背景になります。

 

4. AWSでプロジェクトを作成する

①AWSのトップページに戻り「iot  1-Click」を検索しクリック


管理 → プロジェクト → プロジェクトの作成 → プロジェクト名をつける
(ここではsesameとつける) → 次へ


③デバイステンプレートの定義 → すべてのボタンタイプ → 名前をつける(ここでは control_sesame) → アクションから「Lambda関数の選択」を選ぶ → 2で作成したLambda関数を選択


(※AWSリージョンはどこの地域でも大丈夫ですが、2で設定した1click アプリと同じ地域を選択してください。)

 

5. AWS IoT ボタンをリンクさせる

①前回の画面のプレイスメントの作成をクリック


②名前をつける (例:オフィス) → AWS IoTボタンを選択



以上です!
 

 

いかかでしたか?

プログラミングも必要ないのでとっても簡単です!
 

 

また上記で不明な点がある場合は、お手数ですが下記メールアドレスまでお問い合わせください。

 

お問い合わせメールsesame@candyhouse.co

 

 

セサミニュース
セサミの耐久性 … セサミは最強?耐久性テストの様子を公開中です!
セサミの深イイ話 … セサミが役に立った思いがけない瞬間とは?
セサミのちょっと変わった使い方 … 使い道は鍵だけ?いいえ、こんな使い方もあるかもしれません!
セサミCMの裏話 … セサミが全米で大ヒットした秘密はこちら!

 

 

セサミ・スマートロックの商品ページをチェックする

 

 

CANDYHOUSE をSNSでチェックする

    

他ユーザーと情報共有できるセサミFacebookグループに参加する