商品情報にスキップ
1 / 5

【玄関オートロック解錠】SESAME bot セサミ ボット

通常価格
¥2,480 (税込¥2,728)
通常価格
¥0
セール価格
¥2,480 (税込¥2,728)

ヤマト宅急便・追跡あり・返品理由不問

色々な場所で活躍

インターホンのボタンだけではなく、お家の電気やお掃除ロボット、コーヒーマシーンのスイッチまで。
工夫次第で可能性は無限です。

遠隔操作も可能

WiFiモジュールとの併用で遠隔操作も可能。

帰宅途中にスマホ一つで操作も完了。

スマート家電との連携

WiFiモジュールとの併用でAmazon AlexaやGoogle Homeからの操作ももちろん可能です。 


1秒で、あなたの家がスマートに。




セサミ3・4と同じチップとSesameOS2を搭載の押す動作に特化したセサミbot
すでにスマートロックセサミをご利用の方はもちろん、初めてご利用いただく方もアプリ1つで解錠が可能になります。
急なゲストの訪問!自宅玄関の鍵はセサミでシェアができたけれど、マンションの自動ドアが通れない・・!!そんな困った状況をセサミbotが解決してくれます!
インターホンの解錠ボタンにセサミbotを取り付ければ・・いつも通りアプリで操作するだけで簡単に解錠可能になります!


進化したソフトウェア:
・SesameOS2を搭載
・Multi-Task機能搭載:複数台デバイスがBluetoothで同時にセサミに接続可能
・Widget機能
・Always Connect :Bluetoothを探している間にWiFi経由で接続
・QRコードで鍵のシェア
・ログイン不要
・安定したApple Watchアプリ(WatchOS7以上を搭載したSeries3以降の機種に対応)
・NFCタグ対応(iOSはiOS13.1以上を搭載したiPhone XS以降の機種に対応)


詳細:
長い電池寿命: CR2リチウム電池一本使用で600日持続
リモート操作: 別売りのWiFiモジュール利用で遠く離れた場所からの操作やアレクサ、Google HomeなどIoT商品との連携が可能。(初代WiFiアクセスポイントはご利用頂けません)
取付方法: 3Mテープ(特殊アダプターの作成も可能!ご相談ください)
連携:
セサミ アレクサ Alexa セサミ Ok Google Hey Google Assistant セサミ Siri


付属品:
・3Mテープ(2回分)
・CR2 リチウム電池(1本。1回分)
・アーム(長)1個
・アーム(短)1個



お詫び:
※この度台湾産のICチップの半導体原材料価格の高騰により、価格を一時的に改定をせざるを得ない状況となりました(1980円→2480円)。大変申し訳ございません。
時期未定ですが、早く1980円に戻るよう、現在解決策を複数検討しており日々努力してます。ご理解賜ります様お願い致します🙇‍♂️

Customer Reviews

Based on 79 reviews
76%
(60)
10%
(8)
4%
(3)
3%
(2)
8%
(6)
E
Emi (Itabashi-ku, JP)
マンションのオートロック

セサミはだいぶ前に購入していましたが、やはりマンションのオートロックを解除するために鍵を出すのが面倒で セサミボットを購入しました。部屋番号を押してあとはスマホの操作で開けられるので本当に楽になりました。最初から購入しておけば良かったと後悔してます。購入する時のサイトがとても分かりにくいので、セサミを購入する画面から Wi-Fiモジュールとセサミボットを簡単に購入出来るようにしていただけたらよかったのにな と思います。

海央 横山 (Minatomirai, JP)
QOL爆上げ

ボタンが押せる確証はありませんでしたが、アームの長さと配置を調整しながら確実にボタンを押せる場所を探すのも楽しいです。
何より普段リュックを使うことが多いので、鍵を出さずにオートロックを開けられるのは最高に幸せです!
2台の開梱から作業完了まで10分もかかりませんでした。
非常に簡単、そして安価にQOLが爆上がりするのでオススメです。

正義感 (Amagasaki, JP)
とても便利

すごい便利です。
てを使うことなく鍵を開けられる。
まるで夢のような製品です。

武士 飯塚 (Omura, JP)
3個目の購入

今回は会社のエアコン用の電源のオンオフ用に購入しました。
接客フロアーが別の階にあって来客が来られる前にわざわざエレベーターで降りてスイッチが面倒なのでこれで違うフロアーに居ても大丈夫になりました。

a
akiyama (Kukomae, JP)
インターホン完全体

受話器を持ち上げる必要のあるオートロックの解錠は、皆さん苦労されているようですね。
セサミボット一つで、かつ受話器の使い勝手も損なわずに実現したウチの例を紹介します。

材料は、壁用フック、ステンレスプレート、板状フック、リールコードのキーホルダー
で百均で揃います。糸と糸を通している金具はリールコードを分解しています。
特に加工が大変なのは受話器を受けてるフックで、ワイヤーネット向けの板状フックをペンチで曲げてます。

セサミボットの操作は、APIからであれば オン/オフ/トグル操作の3種がそれぞれ扱えるので、
WebAPIから、オフ→トグルの順に発行しています。(セサミアプリからのモード設定は「離して戻る」)
スマホからはTermux上のnodejsから発行しているので、順番やタイミングも調整できます。
この辺りはプログラミング能力が必要です。

ハードに関しては、ほぼ文句なしの素晴らしい出来なのですが、
他の方も書いている通り、公式アプリで下記2つが欲しいところです。
・オン/オフ操作
・マクロ(順番に操作する設定)

また、同系の物理スイッチを操作するボットは他に「ミニビッグ」を使っています。
トグル型の壁スイッチでは形状的にもソフト的にも分があり、いまだにミニビッグ使っていますが、
セサミボットでもソフトさえ対応すればできるはず、と(上2つの要望含めて)アプリの自作も考えてます。

こういった、アプリにまでDIYの要素を残しているのはセサミだけだと思います。
簡単ではないですが、それだけに実現できた時の達成感は大きく、
そういったところもセサミの魅力なのだと思います。

先生 桃尻 (Ōtsu, JP)
素晴らしい

会社の電気に設置。これは非常に便利です。壁紙が剥がれている部分でシールがつかないので、ちょっと見栄え悪いですがガムテープを貼り付けてボットを設置。
あと、電気カバーがあるとボタンが押せなかったため、カバーも外しました。

C
C. (Tokyo, JP)
applewatchでの使用について

私もマンションのエントランス解錠のため、受話器と解錠ボタンに1つずつ使用しています。
iphoneのショートカットで複数のアクションを追加して受話器→解除ボタン→セサミの順に
実行して1回の操作で開錠できるようにしています。
applewatchも持っているためwatch側でショートカットを実行しているのですが、
iphoneとapplewatchでの動作が若干違うため、watchでは今のところこのショートカット
では開錠できません。
watchのアクションとアクションの実行時間にラグがありすぎて受話器を上げているボットの動作後が終わった後に
解除ボタンが動作する(受話器を上げている動作完了前に開錠ボタン動作に行ってほしい、iphoneでは問題なし)
何か解決方法はないでしょうか?

匿名 (Mito, JP)
追加パーツが欲しい

便利なのですが、うちのインターホンの通話ボタンはアーム(長)でも反応してくれませんでした。
構造上、そこに取り付ける(もしくは壁に細工する)しかないのですが...

なので、アーム(長)より1.5倍~2倍長いアームが購入できると良いなと思いました。
ご検討よろしくお願いします。

加藤恵介 (Chiyoda-ku, JP)
2アクション・モードが欲しい

PUSH-ONの1アクションしかモードが無いので期待外れ。
ONとOFFの2アクションのモードがあるとうれしい。

m
misato (Machida, JP)
パソコンのスリープをリモート解除

このような使い方もしています。
今までは、自宅パソコンの電源を常時オンにして、外部からのリモートアクセスに利用していましたが、
時節柄、節電をするためにセサミポッドをキーボードに取り付けて、外部からリモートでキーボードを叩いて
スリープ状態のパソコンを起動させています。キーボードには、余っていたテンキーをセサミポッド専用にしています。

こういう役立もございますね!良かったです。ありがとうございます。
(≧▽≦)